私の初めてのキャッシング体験談

私は先日生まれて初めてキャッシングを体験しました。キャッシングをする事になった成り行きとしては、急な出費があり貯金をしていなかった私は生活費を削ってお金を作るしかありませんでした。しかし削りすぎてしまい、その月を生活する事がとても難しくなってしまったのです。
周りにお金を借りる事ができるくらい心が通った友人がいれば良かったのですが、上京したばかりでそんな友人もおらず、また上京早々に親にお金を借りるというのもとても気がひけてできませんでした。そこで私はキャッシングにたどり着いたというわけです。
しかし初めてのキャッシングと言う事で全く勝手もわかりませんでしたし、不安はたくさんありました。とりあえず調べてみた感じではカードローンが結構手軽に作る事ができ、急ぎでも大丈夫との事したのでカードローンに申し込みをする事から始めました。
カードローンの申し込みはネットから簡単にできまた審査もそのままスムーズに完了してしまったので、思ったよりもずっと手軽で手間がかからずに済みました。また即日融資というものまで受ける事ができ、私は無事にその月を乗り越える事ができたのです。
まさかここまで簡単にキャッシングができてしまうなんて思っていなかったので、とても驚いたのですがおかげで助けられました。方法も簡単だったので初めてで不安だった私でも困る事なくできましたし、キャッシングがあって本当に良かったと思っています。
また私が利用したプロミスは30日間無利子という事だったので、次の給料日で完済した私は元本だけの返済で済みそれもとても嬉しかったポイントですね。なんだか自分ばかり助けられて申し訳ないような気持ちにまでなってしまいました。
こんなに便利で気軽なキャッシングならこれからも利用していきたいと思っています。上手に使えば生活の強い味方になる事間違い無しですし、本当にこの即日キャッシングに出会えて良かったと思っています。

アコムの借入ならコチラ

無利息の即日融資商品の審査は柔軟?

即日融資が可能な融資商品は、消費者金融をはじめ様々な金融機関、業者で提供しています。

そのため、急にお金が必要になった時には、利用出来る融資機関は色々とありますが、給料日までのちょっとした資金作りには、やはり「無利息期間が設けられた即日融資商品」がお勧めです。

そもそも即日融資を提供している融資会社は、色々とありますから自由に目的に応じて利用する事が出来ますが、お給料日までの間だけ少し借りたいという場合の即日融資の利用には、その期間内の借入が無利息で借りられる融資機関が非常に便利でお得な利用につながると思います。

無利息の期間を設け、即日融資を提供するといえば、その金融機関は消費者金融業者という事になりますが、短期間だけのお金の要り用なら当然利息がつかずにお金を借りられる方が断然お得ですから、やはりこうした場合の即日融資選びなら「無利息の融資」を提供している消費者金融業者の提供する即日融資がお勧めです。

ただし、無利息の金融商品を提供する消費者金融業者は、幾つかありますし、無利息期間サービスの内容も異なりますので、各金融業者が提供する無利息融資の内容を確認し、確りと認識してから無利息期間が設けられる融資商品は検討される事が重要です。

いずれにしても、無利息期間が設けられた融資商品といえども、その融資に申込みをして審査が通らなければ融資を利用する事は出来ませんので、この無利息融資を提供する融資会社の審査傾向を知る事も必要です。

そんな消費者金融業者である無利息の即日融資を提供する業者の審査傾向は、比較的柔軟と考えていいと思える融資会社となります。

そもそも消費者金融業者は、融資に伴う審査はいずれも柔軟な傾向で、誰でも気軽に借りられるというイメージも強いです。

ただ、消費者金融業者は貸金業者であるため融資は「総量規制に伴い」年収の3分の1以内と決められていますので、その規制に従った融資を提供していますから、既に総量規制以上の借入があるという方の即日融資を希望する場合には、消費者金融での融資は難しいとも考えられます。

即日融資を検討する場合は、このように融資の目的や自身の属性等を総合的に判断し、無利息期間が設けられる場での申込がいいのか、総量規制の対象外となる場での申込みがいいのかをよく考え検討し、利用する事がスムーズな即日融資の実現します。

無利息ならノーローンが便利ですよ!ノーローンについてはココ

キャッシングをして思うこと

自分は消費者金融からお金を借りています。生活のために借金をしたのですが毎月ピンチになるわけではなくその月々に応じて利用するときもありますししないときもあります。

自分が使っている消費者金融はアコムですが大手の業者でありますので信頼ができると思いました。個人情報が漏れる心配はないでしょうから家族にも借り入れのことを知られていません。

キャッシングは本当にピンチのときだけ利用しています。これができなければとても大変な事態に陥りますので契約をしておいてよかったと思います。

アコムは業界大手なのでよく聞く名前です。人間はお金がないと生きていけない生き物だと感じます。足りなくなってしまったらアコムからキャッシングでしのぐのもありだと思います。

アコムでキャッシングしています

キャッシングを一番最初にしたのは、社会人になってすぐの頃でした。

あのころは本当に物入りで、常にお金がなくて月々の給料がうまく回り始めるまでの間はやりくりが大変だったのです。

 

会社の先輩から教えてもらってアコムでキャッシング用のカードを作りました。

特に面倒な手続きもなく、決まったフォームに記入していくだけで審査が始まり、審査にとおると必要額を融資してもらえました。

 

リボ払いなので返済もラクでしたし、あまりお金を借りているという感じもしないまま、必要なときに借りて、そのあと少しずつ返して言っているという感じが続いています。

頑張って繰り上げ返済もできるみたいですが、自分にはゆるく無理なく返していく方が合っているようです。

やっぱり世間体?

結構昔の話になるのですが、給料日前で「ちょっと今月ピンチかも…」と思い、アコムのキャッシングを利用しました。金額は3万円~5万円くらい。翌月の給料で返済し、また月末足りなくなったらアコムで借りて…と便利に思っていたのですが、返済のお知らせはがきが親に見つかってしまい、ものすごく怒られました。

いわく「サラ金に手を出すとは何事だ」「世間体が悪い」「借金地獄への第一歩」エトセトラエトセトラ。

結局、そのときアコムで借りていた2万円弱を父親から改めて借りて返済し、カードは取り上げられて親の目の前ではさみを入れて使用禁止に。

確かに利息のパーセンテージは高いのですが、借りる金額が小額だったので、あまり実感がありませんでした。それでもやっぱり、団塊世代の両親にとっては「キャッシング=サラ金」という思いがあるようです。きちんと返済していれば問題はないはずなのですが、「世間体」の一言で片付けられてしまいました。今でもそのときの対応が正しかったのかよく分かりません。世間体ってそんなに気になるものでしょうか?

目に付いて頼りになったのがアコムでした

就職して社会人になったばかりの頃はとにかくお金がありませんでした。

学生時代に貯めた貯金などあっという間に無くなりましたし、

いつも次の給料日が待ち遠しいような生活でした。

そんな時にやってしまったのが車を運転していての速度違反です。

調子に乗ってかなりのオーバーを記録してしまいました。

その場で違反切符を切られて待つことしばし。

自宅へ送られてきた呼び出し状が無情でした。

特に抗弁することもなく決められた違反金は

目玉が飛び出るくらいの金額ですぐには払えるものではありませんでしたが

滞納が許される性質のものでもないので

困っていた帰り道で出会ったのがアコムのATMでした。

独特のコマーシャルで馴染みもありましたし、

操作画面もするすると使い易くてあっという間に

キャッシングの手続きが完了しました。

違反金に加えて利息がつくのが悔しくて貯まりませんでしたが

違反金に使うことを目的にお金を貸してくれるところなど

他にはありませんから頼りになるキャッシングサービスでした。

分割返済を返すだけでも大変でしたが

その後の安全運転のいい教訓になりました。